駿馬等を湛増のもとに送る


吉田経房(1142年 – 1200年)の日記『吉記』
承安4年9月  1174年 湛増45歳

15日己亥、
(中略)
駿馬1匹並びに甲冑色革撞樺類など(色目別あり)を熊野権別当湛増のもとに送る。近ごろ京にいるためである。本宮の師である。以史基兼為使、湛増がとても悦んだとの報せがあった。
(下略)

馬と甲冑を与えられて喜ぶ湛増。湛増は社僧、僧侶です。

 

熊野古道おすすめコース 3時間以内の熊野古道歩き
熊野のおすすめ宿 本宮、勝浦、串本、白浜などの宿
熊野の聖地百選、候補地募集中! 熊野の聖なる場所
全国のお宿を検索 「じゃらんnet」から国内のお宿を